シェアする

アイリスオーヤマ木製フラワースタンドがコスパも見た目も意外と良かった!

DIYって難しいんでしょー?なんてよく聞きますが、DIYってノコギリとかカナヅチとか持ってるイメージがまだあるのかなぁと思います。

でもDIYってDo it yourselfなわけだから、組み立て家具とかだってれっきとしたDIYなんですよ!

まず最初に組み立てキットから始めて、例えばそれに飾りを付けたり、色を塗ったり、手を加えていくことで「自分で作る自分だけのもの」の楽しみがわかっていくと思うんですよね。

というわけで(どういうわけで?)今回はプラスドライバー1本で作れる、アイリスオーヤマの「木製フラワースタンド」を組み立ててみました!

アイリスオーヤマ フラワースタンドGD-600

意外と良いぞ!!

木製フラワースタンドGD-600

今回買ったのはアイリスオーヤマの木製フラワースタンドGD-600という商品。

その型番からもわかるように、横幅が600mm(60cm)のフラワースタンドです。

フワラースタンドっていうのはその名の通り、鉢植えなどを置く台ですね。

写真のとおり2段になっているので、高さを使ったレイアウトが可能です。

他にもラティスという壁板のついた商品もあって、ラティス付きのフラワースタンドだと壁掛けタイプの鉢も設置できて、より華やかになりますね。

今回はベランダに置くために買ったので、ラティス無しのタイプです。

組み立てよう!

まずは内容物の確認。

アイリスオーヤマ フラワースタンドGD-600内容物

60センチって意外とちっちゃいですよね。

梱包はかなりコンパクトです。

棚板が2つあって、これは既に組み立てられた状態で入っています。

その他、支柱などのパーツがそれぞれ入っていて、組み立てるのはこの部分だけですね。

ちゃんと「右」「左」とパーツに書かれているので、落ち着いてやれば苦手な人でも組み立てられると思いますよ!

組み立ては簡単!

説明書もシンプルながら見ればわかるレベル。

こんな感じでピタッと組み立てられるので気持ちいい!!

慣れてる人で10分位、慣れてない人でも30分あれば組み立てられると思います。

必要となるのはプラスドライバー1本。付属していないので自分で用意する必要があります。

いまは100円ショップでも買える時代なので、買っておくと良いと思います(持つところが細いと力が入りづらいので、大きいやつで!)。

気になるポイント

さてこの商品、amazonで3000円ちょっとというコスパの高さが魅力的な商品ですが、中国産ということもあり製品の精度が気になるところ。

細かいところを見ていくと・・・・

ネジの締め方が・・・

さすがに細かいところは・・・

これは既に組み上がってる状態で入っている棚板のネジ止め部分。

けっこう締付具合がバラバラですね。

ただ、ネジの頭が飛び出していることはないので使用には問題無いですし、ネジの頭が埋まっちゃうほど締めるのが普通(正しいネジの締め方)なので、合格点だと思います。(←えらそうw)

凹みや欠けが・・・

あと、棚板の裏側にこんな凹みが・・・

こんな凹みも・・・

普段使う上で見えないところなので問題はないですが、あまり大きな凹みとかだったら強度に影響しそうですね。

色が・・・

これは言い出したらキリがないんですが、パソコンの画面で見るのと実物では若干色が異なります。

個々人の色の捉え方やディスプレイの調整の問題になってくるので文句は言えないのですが、ナチュラルブラウンを想像して購入すると「あれ?ちょっと赤っぽいな」と思ってしまいます。

みんな大好きamazonのダンボールと比べてみましょう。

色はライトブラン

あんまりわからないですね笑

とにかく、レンガっぽい赤さを感じるブラウンです。

独特の臭いが・・・

防腐・防カビ効果のある合成樹脂塗料のニオイなのかなぁと思いますが、顔を近づけると変なニオイがします。

この塗料のお陰で屋外やベランダで使えるので、文句は言えないですが・・・そもそも外で使うからニオイなんてそこまで気にする必要なかったですね笑

ここが素晴らしい!

上ではさんざん書いてますが、この商品の素晴らしいところはデザイン性の高さとコスパの良さです。

デザインが良い!

デザインについては好みにもよりますが、シンプルなデザインとさり気ない面取りが気に入っています。

また、上段の正面にはこれまたさり気なくメタルのエンブレムがついてます。

エンブレムがさり気なく良い

ステッカーじゃないので剥がれたりしません。

コスパが良い!

先述の通り、この商品は3,000円ちょっとで購入できます。

実際に木材を買ってきてこの商品を作る場合、いくら位かかるかなぁ・・・

使われている木材は軽くて丈夫なバルサ材だと思うのですが、それをカットして防腐・防カビ塗料を塗って、ネジを買って・・・と考えると、3,000円で組み立てキット買っちゃったほうが良いね!って思えちゃいます笑

もちろん、サイズは決まっちゃっているので、そこは妥協しないといけないですが。

サイズはこのくらい

サイズは横幅60センチなのですが、あまりイメージつかないかもしれないので1.5リットルのペットボトルを置いてみました。

サイズ

どうでしょう?

なんとなく「このくらいの大きさ」というのがわかります?

マンションのベランダなどはそんなに広くないので、このくらいのサイズがベストかと勝手に思っています。

鉢植え設置例

鉢植えを置いてみるとこんな感じでしょうか。

一応「6号鉢を6個置くことができる」とのことですが、ぼくは6号鉢の大きさが良くわかりません笑

ただ、あんまりギュウギュウに置いても見た目は良くないということはわかります!

下段に3個、上段に2個ぐらいがちょうど良さそうですね。

ベランダに置ける

実際にベランダに置いてみました。

ベランダ設置例

この左側にもベランダは続いているのですが、せっかくなら部屋の中から見やすい場所がいいかなと思い、この場所にしました。

今回なぜこのフラワースタンドを買ったかというと、ベランダでミニトマトを育てようかと思ってるんですよね。

だけど、見ての通りベランダの壁がコンクリートなので日当たりが悪い。

では高さを出してなんとか陽に当たるようにしよう、というのがキッカケです。

このフラワースタンドにミニトマトがたわわに実ることを祈っています笑

スポンサーリンク

シェアする