シェアする

1×4材でキッチンラック(調味料棚)を作成。Seriaのレターボックスも活躍!

やっと・・・

やっとキッチンラックを作りました!

調味料やら何やらが散漫になっていたキッチンが、ようやく整理されました。

今回やる気スイッチを入れてくれたのは、Seriaで見つけた木製レターボックス。

Seriaのレターボックス

なんと調味料入れにピッタリ!

よし、この勢いでキッチンラックを作ろう!ということで、余っていた1×4材を使ってキッチンラックを作りました。

切って、組み立てるだけの、塗装も何もしていない「ナチュラルな風合いを活かした(笑)」キッチンラックとなっています。

1×4材をカットする

の前に、分からない方のために「1×4材(ワンバイフォーざい)」とは何かを説明しますね。

これはホームセンターなどに普通に売っている「木材」です。

ただ、1×4という数字から予想できるとおり「サイズが規格化」されています。

  • 1×4(ワンバイフォー)・・・厚さ19mm・幅89mm
  • 2×4(ツーバイフォー)・・・厚さ38mm・幅89mm
  • 2×8(ツーバイエイト)・・・厚さ38mm・幅188mm

といった感じです。

「ツーバイフォー」と聞くと馴染みあるかもしれないですね。ツーバイフォー住宅とか。

今回1×4材を使うのは「規格化されているからカットする手間が省ける」というのと、「安い」という理由からです。

あとはたまたま家に余っていたというのもあります笑

で、実は今回カットや組み立ての写真がありません。

なのでテキストのみで説明となります・・・

とりあえず完成品はこちら!

調味料棚

構成もシンプルです。

  • 側板×2枚
  • 棚板×4枚
  • 落下防止のバー×2本

です。

収納するものを想定してから設計図を作ると、途中で悩むこともないし一気に組み立てることが出来ますね。

下は大きめ

落下防止のバーというは、ちょっと細めの板を使っています。

これだけ1×4材ではありません。

落下防止

2段目と3段目につけています。

裏から見るとこんな感じ。

落下防止

ネジ丸出し!笑

柔らかいうえに薄い板なので、あまりネジを締めすぎると割れちゃう可能性があります。

小さめのクギで留めても良かったかもしれません。

Seriaのレターボックス

最上段にはSeriaのレターボックスを置いています。

調味料入れにピッタリです。

Seriaのレターボックス

このレターボックスの横幅が約19センチで、これを2つ並べられるように棚板の幅を40センチにしています。

今回気をつけたのはここくらいです笑

本当は色も統一したいところですね・・・

なんと今はムースで着色できる「小染ちゃん」という商品もあり、ペンキと刷毛を買う必要がありません!

これはぜひ、DIY初心者(自分含む)に活用してもらいたいです。

こだわる人ならステインで色で統一したり、ワックスで耐水にしたりするかもしれないのですが、それはまた今度・・・

スポンサーリンク

シェアする